雑草に塩をどのくらいまでなら除草剤の代わりにまいていい?

次々と生えてくる雑草。

塩を雑草にまくとすぐに枯れるため、除草剤よりも効果はてきめんです。

どのくらい、どうやってまくと効果があるのでしょうか。

そもそもなぜ塩が効くのかもシェアしたいと思います。

Sponsored Link

 塩はどのくらい、どうやってまくと効果があるの?

塩の量

除草するための塩の量は、ほんの少量でとても効果があります。

目安としては50~100g/㎡くらいです。

最初は少なすぎると思う程度の量にし、少しずつ増やしていくのがおススメです。

塩をまいてから3日~1週間程度で効果が表れます。

いくら塩の量を増やしても、効果の出る時期は早まりません。

塩分が多い程、除草力は高くなりますが、とても注意が必要なので最後まで読んでくださいね。

塩をまく方法

使用する塩は何でも大丈夫です。

そのままでも、塩水でも効果があります。

まんべんなくまくためには塩水にします。

塩水の方がまきたいところにまくことができます。

濃度は3.4%(海水と同じくらい)から、5%くらいにします。

1~1.5Lの水に塩50gの割合です。

じょうろや霧吹きなどに入れて、ピンポイントで雑草にまいていきます。

塩をまいた後、すぐ雨が降ると除草効果が出にくくなるので、雨の前は避けましょう。

塩をまいたら3~4日程度で溶けていきます。

そのまま何も触れずにいると、1週間くらいで効果が出ます。

通常、2~3ヶ月ほど効果があり、とても便利なのですが、それくらい効果があるということは他への影響も大きく、注意が必要です。

大量にまくと、他の植物を枯らしたり、住居やご近所に被害が及ぶことがあります。

 雑草に塩が効く理由は?

そもそも、塩が雑草に効くのはどうしてなのでしょうか。

Sponsored Link

それは、塩による浸透圧やイオンによる影響があるためです。

これを「浸透圧ストレス」「イオンストレス」と言います。

◆浸透圧ストレス

 植物が根から水を吸い上げるのを妨害します。

 光合成を低下させたり、葉細胞の乾きを引き起こしたりします。

◆イオンストレス

 植物に吸収された塩分が代謝を妨げます。

 そのため植物が枯れたり、成長を阻害されたりします。

塩のこのような働きが複合的に作用し、雑草を枯らすことができるのです。

塩をまく時の注意点

塩は土で分解されません。

そのため、土の中に残ると植物が生えなくなったり、今後、植えた植物も育ちにくくなったりします。

万が一、雨などでご近所に流出した時には、ご近所の庭や、畑、田んぼ、川や地下水などに被害が出ることがありますし、自宅やご近所の住宅の基礎となる鉄筋コンクリートや、配管に被害を生じさせる可能性も考えられます。

塩は手軽に使えますので、その手軽さ故に、あまりよく考えずに使ってしまいがちです。

市販されている除草剤よりも何倍もの注意が必要です。

除草剤は使用方法通りにすれば、塩よりも周囲への被害は少ないのです。

まとめ

雑草はどんな場所でもたくましく成長し、生命力の強いものです。

そんな雑草を簡単に枯らす塩は、雑草以外の植物にはさらに影響を及ぼします。

近くに育てている花や野菜、木などがあったら使用は控える方が賢明です。

また住居への影響、ご近所への配慮、などには細心の注意が必要です。

塩は手軽に使用できますし、除草効果が高いので、すぐに使いたくなります。

ですが塩はリスクも高いものです。

使用する際は慎重に、細心の注意を払いましょう。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました