tm9のデメリットってどんなもの?芝生の手入れを簡単にしたい!

憧れの一軒家。

庭には芝生を敷きたい。でも、芝生は生き物なので常に生え続けます。定期的な芝刈りが必要になってくるので、それが面倒だと感じることもあるでしょう。できれば、芝の手入れは最小限に抑えたい。そう思いますよね。

そこで今、注目を集めているのが「tm9」です。

tm9は芝生の一種なのですが、通常の芝生とは違って成長しにくい特徴があります。

今回は、tm9のはどんなデメリットがあるのか、人気の秘密についてご紹介していきます。

sponsored link

tm9のデメリットとは

tm9 デメリット

今注目を集めているtm9ですが、どんなデメリットがあるのかご紹介していきます。

tm9の最大のデメリットとしては、価格が高いこと。通常の芝生は1平米あたり500円程度ですが、tm9は1平米あたり1200円程の価格です。なんと2倍も価格の差があります。

初期費用を抑えたいと思っている人には、芝生だけでかなりの出費になるので考えモノです。

また、成長が遅いことが特徴のtm9は、芝生の間隔をあけて張ることができません。というのも、間隔をあける芝張りの方法(目地張り)は、初期費用を抑えるためによく利用されるからです。

tm9は価格が高いうえに、目地張りが不向きなため初期費用がかなりかかることになります。

tm9の人気の秘密とは

tm9 デメリット

tm9特徴は、通常の芝生とは違い成長が遅いことです。

成長が遅いと何がいいのかというと、芝刈りの回数が減らすことができ手入れが簡単になるからです。

通常の芝生は、2週から1か月程度で芝刈りが必要ですが、tm9は1年に1回くらいの芝刈りで済みます。暑い夏に芝刈り作業をするのは、面倒だし労力もかかりますよね。

芝生の手入れがかなり楽になることが、人気の秘密です。

tm9を購入するときに気を付けてほしいこと

tm9 デメリット

芝生の手入れが楽になると人気のtm9ですが、購入するときに気を付けてほしいことがあります。

それは、tm9はどこにでも売っていないのです。

通常の芝生はホームセンターに行けばたいてい手に入るのですが、tm9を取り扱っているお店は少ないです。

なので、tm9を購入したいと思ったら、まずは最寄りのホームセンターに在庫があるか確認の電話を入れておきましょう。店舗に在庫がなくても取り寄せができる場合もありますので、きちんと在庫を確保してからお店に足を運びましょう。

まとめ

tm9のはどんなデメリットがあるのか、人気の秘密についてご紹介してきました。

芝生の成長が遅く、手入れが楽だと人気になっているtm9ですが、価格が高くて初期費用がかかるというデメリットがあります。

tm9を購入するときは、お店の在庫を確保してから来店しましょう。

sponsored link

【特別企画】賢い人はすでに始めてるショッピングライフ
新商品を無料でもらう
クリックしても申請できない場合は募集人数到達につきキャンペーン終了です
タイトルとURLをコピーしました