免許

カーライフ

酒気帯び運転罰金はいつ払う?簡易裁判所にて書面で刑を言い渡された後です。

酒気帯び運転で検挙され、取り返しのつかないことをしてしまった、という後悔の気持ちと共に、ご覧になっているのかもしれません。 罰金を払う時期は、略式手続きの場合、簡易裁判所にて書面で刑を言い渡された後です。 酒気帯び運転で捕まってから罰金を払うまでの流れを説明します。
カーライフ

酒気帯び運転の免許取り消し処分が軽減される!?こんなことってあるの?

絶対にやってはいけない酒気帯び運転ですが、実は運転免許取り消し処分が軽減される場合があります。 ただ酒気帯び運転は、全く関係のない人を傷つけたり、最悪の場合命を奪ってしまうことになりかねないので、処分が軽減されるからといって許されるものではないということを念頭に読んでいただければと思います。
カーライフ

酒気帯び運転の免許取り消し・免停はいつからになるの?

酒気帯び運転で捕まり、あれほど時間もお金もかけて取得をした運転免許の取り消し… 後悔と反省の気持ちで免許取り消しの時期を検索されているのかもしれません。 酒気帯び運転でつかまったら、免許停止・免許取消しはいつからになるのでしょうか。 実は酒気帯び運転で捕まってすぐにその場で免許取り消しにはなりません。 免許取り消しになるまで、意見の聴取などがあり、免許取り消し処分執行で免許返納をした後、取り消し期間が始まります。 免許取り消し処分執行までの間、免許は有効で運転ができることになります。 酒気帯び運転で捕まった後、免許取り消しになるまでの流れを説明します。
カーライフ

免停の前歴は消えるの?その仕組みや条件について解説

一旦停止や駐車違反、高速道路でのスピード違反… 気を付けているつもりでも、いつの間にか点数が増えて免停、そんな経験をしたことがある方もいるのではないでしょうか? 日本の道路交通法では、最初の点数加算から6点になれば免停になります。 そして免停になればそれまでの点数は0点に戻りますが、処分前歴、いわゆる前歴は1回として残ってしまうのです。 前歴があると、その後の基準が厳しくなるなど不利な要素も出てきます。 今回はそんな免停の前歴が消えることはあるのか? 徹底的に調べてみました!
2021.11.17
タイトルとURLをコピーしました