回転寿司で妊婦が食べていいネタとは?ズバリ解説します!

色んなネタが手軽に楽しめちゃう回転寿司。旬のネタや目新しいネタに、思わず手がどんどん伸びちゃいますよね。

でも、妊娠中でもいつも通り寿司を食べちゃっても良いのかな?生は良くないって聞くけど、それなら妊婦は回転寿司に行けないの?

長い妊娠期間中、ずっとお寿司が食べられないのも寂しいもの。

そこで今回、妊婦でも回転寿司で食べていいネタがあるのかを調べてみたのでシェアします。

妊娠中だけど回転寿司に行きたい!と思っている方の参考になれば嬉しいです。

妊婦でも寿司を食べて良いのか?

このページを訪れてくれた方は、何よりも妊婦はお寿司を食べても良いのかを知りたいのではないでしょうか。結論から先に言うと、ズバリ「食べてOK」です。ただし、食べて良いネタと注意が必要なネタ、食べるのを避けるべきネタがあるという事をしっかりおさえておきましょう。

また妊娠中の状態によっては、医師から食事について指導が入る場合があります。そのような方は自己判断せずに、医師の判断を仰ぐようにして下さい。

寿司は栄養豊富な魚を手軽に摂取できる食べ物です。また妊娠中の体調の変化で、食欲が出ない方も多いでしょう。そんな時にさっぱりとした寿司は口にしやすく、食べる量も調整しやすい利点があります。

妊婦だからと過剰に心配するのではなく、正しい知識を持って寿司を楽しみましょう。

妊婦が食べてもOKな寿司ネタとは?

妊婦が安心して食べられる寿司ネタを選ぶポイントは1点だけです。それは「加熱済み」であること。食材の中までしっかり火が通っていることが大前提です。

では何故妊娠中は、加熱済みのネタを食べることが推奨されるのでしょうか?

生のままの魚には、アニキサスやリステリア、ノロウイルスや腸炎ビブリオといった寄生虫や細菌、ウイルスが潜んでいる危険性があります。これらは食中毒を引き起こす原因となります。妊娠中は免疫力が低下するため、食中毒になりやすく、特にリステリアは胎盤を通じて赤ちゃんへの感染の報告もされています。お母さんと赤ちゃんのためにも、より一層の注意が必要なのですね。

寿司は生の魚介類を使っていることが多いため、加熱済みのネタに絞って選ぶようにしましょう。

【妊婦が安心して食べられるネタ】

・加熱済みのもの:蒸したイカ・エビ・カニ・タコ、イカ天、エビ天、ツナマヨ

・巻物:かんぴょう巻き、かっぱ巻き、納豆巻き

・その他:いなり寿司、玉子焼き

妊婦が生魚を食べるには注意が必要な理由

妊娠中は、食中毒を避けるために加熱済みのものを選ぶことが重要であると説明しました。と同時に魚介類の場合はもう一つ、生の状態を避ける理由があります。それが「水銀の摂取」です。

自然界にある水銀は、食物連鎖の過程で魚の中に取り込まれます。小さな魚が大きな魚に食べられるのを繰り返していくうちに、魚の体内に含まれる水銀量が増えていくわけですね。つまり食物連鎖の上に位置する魚になるほど、水銀を多く含む傾向にあるのです。

通常、極端に魚を食べる生活をしていなければ、食物から摂取する水銀の摂取量が身体に影響を与えることはありません。また体内に入った水銀は自然に体の外へ排出されるため、問題となることはないのです。ですがお腹の中にいる赤ちゃんは、胎盤を通じて水銀を摂取した場合に、排出することができません。だからこそ、妊娠中は水銀摂取量に注意が必要なんですね。

食中毒と赤ちゃんの水銀摂取という2つの点からも、妊婦の間は生の魚介類をなるべく避けた方が良いでしょう。

妊婦が食べてもOKなネタの水銀量は大丈夫なの?

魚介類に水銀が含まれるなら、加熱済みのものでも注意が必要では?と思われる方もいるかもしれません。

実際イカやエビ、カニ、タコにも少量の水銀が含まれます。ですが厚生労働省が妊婦に向けて発行しているパンフレットでは、水銀含有量が多く注意が必要な魚介類の中に、イカやエビ、カニ、タコは入っていません。またツナ缶については、特には注意が必要でないものに分類されています。

このことからも、加熱済みのイカやエビ、カニやタコ、ツナ缶は妊婦にとって安心なネタと言えるでしょう。

これって食べてもOK?迷いやすいネタ

回転寿司には定番ものから一風変わったネタまで、沢山の種類がありますよね。ここでは、妊婦でも食べて良いのか迷いやすいネタをまとめました。

①炙り寿司

外側が加熱されているので、食べても良さそうに感じますよね。ですが炙ってあるのは表面だけ。中まで火が通っていません。生魚と同じように、避けた方が良いネタです。

②イクラ

イクラは寿司の中でも定番人気のネタですね。イクラは水銀量の点から見ると、含有量も少なく安全と言えるでしょう。ただし生であるという点から、やはり控えた方が良いネタとなります。また魚卵系は塩分を多く含み、カロリーも高めです。妊娠中の塩分の摂りすぎは、妊娠高血圧症候群にもつながるリスクがあります。

③しめ鯖

これも妊婦は避けたいネタの1つ。お酢を使っているしめ鯖は、殺菌されていて安全そうに思えます。確かにお酢は殺菌・防腐作用がありますが、これは寄生虫アニキサスには効果がありません。アニキサスはしっかり加熱するか、-20度以下で24時間以上冷凍しなければ死滅しないのです。鯖を食べる時は、加熱済みの状態で食べるのが安心ですよ。

④生ハムやスモークサーモン等の加工品

生ハムやスモークサーモンも迷いやすい食材です。結論から言うと、この2つもNG。どちらも中まで火が通っていない食品です。厚生労働省からも、トキソプラズマやリステリア菌による食中毒の危険性から、避けた方が良い食品として挙げられています。

⑤うなぎのかば焼き・穴子

どちらも加熱されていて、大丈夫そうなネタ2つ。これらは食べても良いですが、量に注意が必要です。うなぎと穴子にはビタミンAが多く含まれています。ビタミンAは妊娠中でも必要な栄養素の1つ。ですが少なすぎても、多すぎても赤ちゃんに障害や奇形を起こす危険性が高まると言われているのです。ビタミンAはうなぎや穴子以外の食材からも摂取できる栄養素。もし寿司で食べるのであれば、1貫程度におさえて楽しみましょう。

妊婦が1回に食べられる寿司の量の目安

安心して食べられるネタが分かったところで、1回の食事でどの程度の量なら食べても良いのでしょうか?

通常お茶椀1杯のごはんは150~200g程度。また回転寿司のシャリは、にぎりか軍艦かで多少違いがありますが、大体15~20g程度となっています。1回の食事につきご飯1杯を食べるとして、寿司に換算すると10貫くらいになりますね。

妊娠中は体重管理も大切になってきます。回転寿司に行くときは、食べる量も是非気にしてみて下さい。

妊婦が回転寿司で食べていいネタまとめ

いかがでしたでしょうか?妊娠中は気を付ける点も多い回転寿司。ですがポイントをおさえれば、お寿司だって楽しむことができちゃいます。魚介類の持つ栄養素は、お母さんにも赤ちゃんにとっても大切なもの。上手に取り入れて妊娠期間を過ごしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました