うわっ、白だし賞味期限切れやし!またやってもうたぁ。。。

うわっ、切れてるやん!

和食料理には、重宝する”白だし”ですが、私のような一人暮らしの方はなかなか減らずに困ることもあると思います。

気づいたら賞味期限が切れていて、これって使えるの!?と思いながらも使っちゃう私ですが、今回はそんな時の対処法を説明していきます!!

Sponsored Link

白だしの賞味期限切れは使える?

白だし 賞味期限切れ

賞味期限とは、袋や容器を開けないままで、書かれた保存方法を守って保存していた場合に、この「年月日」まで、「品質が変わらずにおいしく食べられる期限」のことを指します。

未開封の状態で、賞味期限が切れた場合でも

おいしく食べられる時期は逃してしまいましたが、すぐに食べられなくなるわけではありません。

実際に開封して、製品の状態を確認して使うのが良いでしょう。

開封後については、一度開封してしまうと白だしに含まれる成分が外気に触れることで

水カビや雑菌を含むことがあり、お腹を壊す可能性があります。

ですが、賞味期限からさらに2〜3ヶ月は

特に問題なく使用できるという人もいるようです。

ただメーカーは推奨していないので

使用は自己責任になってしまいますね…

この場合も、製品の状態を確認してから使うようにしましょう。

白だしの賞味期限切れがどんな状態だと使用してはいけない?

白だし 賞味期限切れ

賞味期限切れの白だしを使う場合

まず下記の確認をしてみましょう。

Sponsored Link

・においを嗅ぐ

・水面や水中に濁りなどの変化はないか

それでも判断がつかなければ、少し食べてみるのもいいでしょう。

少しでも臭いや味、見た目に違和感を感じた場合は

使用しない方がいいです。

あくまで自己責任になるので、無理はしないようにしましょう。

また、保存状態によっても品質の状態が変わってくるので

商品ラベルに記載されている正しい保存方法で保存するようにしましょう。

使えなくなった調味料の処分の仕方は?

使えなくなってしまった調味料を処分するのに

どうすれば良いのか困ってしまうこともあると思います。

固形の調味料の場合は、そのままゴミ袋に捨てても問題ないと思いますが

白だしのような”液状”の調味料の場合、そのまま水道に流していいのでしょうか…?

答えは、NGです!

そのまま流してしまうと、環境への負荷が大きくなってしまいます。

白だしや麺つゆなどは濃縮タイプのものも多いので

尚更環境には悪そうですよね。

液状タイプの調味料を処分する場合は

新聞紙などの古紙や古布に染み込ませて、牛乳パックに入れて捨てるといいでしょう。

その際に、中身が出てこないよう口をテープで閉じてくださいね。

まとめ

賞味期限=おいしく食べれる期限 になるので

期限が切れたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

状態を確認して、使用する事をオススメします!

また、使えなくなったからといって

安易に捨てないように気をつけてくださいね。

正しい捨て方で環境も守っていきたいですね。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました