iOS15にバージョンアップの不具合は?時間はどれぐらい?

アップル製品を利用していると定期的にバージョンアップの通知がきます。
そして不具合やバグを気にしつつも最新版をダウンロードして使い始めるユーザーが多いです。
iOSは新しくなるたびに不具合やバグ出ています。

私自身もiPhoneを使用しているので、不具合が明らかになってからダウンロードしようか検討します。最終的には最新版にするのですが、不具合の程度によってはなかなかアップデートできないこともありました。

そこでiOS15はどんな不具合があるのか、ダウンロードする時間がどれだけかかるのか、調べてみました。バージョンアップを迷っている人たちのお役に立てれば嬉しいです。

リアルタイムでiOS15の不具合状況を知りたい場合はこちら

Sponsored Link

iOS15にバージョンアップしたときの不具合は?

調べてみるとやはりいろいろな不具合が報告されています。もともとIOSはバージョンアップするときに必ずといってよいほど不具合が報告されます。そのため、最新版のダウンロードを懸念する人も多くいます。私もその一人です。今回IOSの不具合として報告されているものを紹介します。

・IOSソフトウェアアップデートに失敗する

・IOSアップデートの確認ができない

・そもそもIOS15のアップデートの通知が来ない

・アップデート後にiPhoneがフリーズ

・アップデート中にエラー表示

・アップデート後にアップルストアが起動しない

・アップデート後にWi-Fiに繋がらない

・アップデート後に充電ができない

などなど全て伝えられないほどいろいろな不具合が報告がされています。これだけの不具合があると知ると怖くてバージョンアップできないですよね。でも解決方法を後半に少し紹介していきます。

Sponsored Link

IOS15にバージョンアップするときにかかる時間は?

バージョンアップするときにかかる時間ですが、これはいろいろな環境によって全く異なるので一概にお伝えすることはできません。最新版のダウンロードからアップデートする際の時間に関わるのは、電波(Wi-Fiも含む)状況によって大きく違います。他にもストレージの空き容量によったり、iPhoneの状態によって本当に違います。また先ほど紹介した不具合の有無によって時間のかかり具合が違います。途中でアップデートをやめなければいいけない状況にならにように、時間に余裕があるときにバージョンアップしましょう。

IOSをバージョンアップする前に必ずやっておきたいこと

IOSにバージョンアップする前に必ずやっていただきたいことは、データのバックアップです。バックアップをしっかりやっていないとバージョンアップしたあとにiPhone内のデータが全て消えてしまうという不具合に対応できなくなってしまいます。取り返しの付かなくなる前に、「Tenorshare ReiBoot」をダウンロードしておきましょう。これはデータを正常に保ったまま、正常な状態にデバイスを戻したり、不具合を解決してくれる可能性が高くなります。(全ての不具合を解決することを保障するわけではないです)

まとめ

IOSのバージョンアップは必ずといってもよいほど毎回不具合が報告されます。そのため、バージョンアップに慎重になる人も多いですが、バージョンアップはユーザーの使いやすさを向上するために考えられたものです。セキュリティーが強化されたり、便利で見やすい機能が追加されることもたくさんあります。不具合が起きることもあり得るので、対策をしてバージョンアップして快適なデジタルライフを送ってくださいね。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました