同窓会の断り方 気がのらない時うまく交わすには

同窓会は年数が経てば経つほど、行きたいと思う人と行きたくないと思う人に別れるものです。理由は人それぞれですが、行きたい!と思えない場合、断らなければいけません。断る場合、断り文句にとても困るものです。そこで今回は主催者をがっかりさせない断り方を紹介していきます。同窓会を断わろうと思っている人の気が少しでも軽くなれば嬉しいです。

Sponsored Link

仕事理由は誰も何も言えない

やはり仕事の調整がつかない場合は誰にでもあります。仕事は生活していく上で一番といっても過言ではないほど人生にとって重要なものです。主催者は土日や祝日に同窓会を開催する場合が多いですが、土日ほど休めない職種はたくさんあります。また土日休みの仕事でも急遽土日出勤になることもありますよね。仕事の都合がつかなければ、誰でも仕方ないと思います。

出勤になってしまったという理由以外にも転勤で地元にいないや出張中で帰れないなど、仕事都合で地元にいないという理由でも断れます。

仕事であれば主催者も参加者も誰もが納得せざる得ない欠席理由です。そのため、何度も来てほしいと誘われることもありませんし、断り方として一番きれいなのではないかと思います。

旅行の予定があれば、仕方ない

旅行も仕方ない理由の一つです。旅行はたとえ個人旅行だったとしてもホテルや移動手段の手配など、予約してしまったものをキャンセルする手間や費用もかかる場合があります。人によっては、この旅行のために仕事のスケジュールも調整している場合もあります。これが、個人旅行ではなく他の人と行くような旅行であればなおさら迷惑もかかります。そのため、旅行に関してもやむを得ない理由の一つになります。主催者ももともと決まっていた旅行ならすんなり納得してくれると思います。

Sponsored Link

仕事理由ではなかなか断りにくい状況の場合、旅行という手段を使うのもありです。

体調不良も無理させられない

体調不良も仕方のない理由になります。無理に参加して体調が悪化してしまっては、主催者も責任を感じてしまうものです。さらに当日に体調が悪くなってキャンセルになってしまった場合、会場によってはキャンセル料が発生する場合もあるので、体調不良は無理強いすることができないです。

今はコロナ禍でもあります。たとえ蔓延防止対策や緊急事態宣言が出ていないとしても大勢で集まる場に行くことを躊躇する人も多いです。もし持病があったり、持病のある親族の方と同居していたら、万が一感染してしまうと命に関わることもあります。命に関わらなくても、仕事や日常生活に支障が出てしまう時期です。このようなご時世ですし、体調不良や感染が怖いという理由は、大いに通じるものです。

同窓会の断り方まとめ

同窓会 断り方

本当は懐かしい仲間と会う貴重な機会で楽しいはずの同窓会ですが、今自分が置かれている状況や過去の悲しい思い出があったりすると、同窓会に出席することに気がひけてしまう人が多いことも事実です。そのような方にお伝えしたいのは、同窓会は義務ではありません。今回はたまたまタイミングや状況によって行けない、行きたくないと思ったとしても断りを入れれば問題はありません。次回開催されたときに、行きたい、会いたいと思えたら参加すれば良いですし、次回も参加したくなければ断っても大丈夫です。あまり気負わず、今やりたいこと、今の気持ちを大切にしてください。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました