絶縁テープとビニールテープの違いとは?おすすめの使い方も解説

 

家庭用電化製品のコードが傷んでしまった時、絶縁テープで補修しないといけないことはわかっていますが、、、ビニールテープで補修しても大丈夫だよね、と考えるのは私だけじゃないはず。

ホームセンターに行けば手軽に手に入れられる絶縁テープですが、売り場には様々な種類の絶縁テープが並んでいます。
その種類の多さに驚いたのは私だけ?
そんでもって、ビニールテープでよくない?と思ったのも私だけ?

絶縁テープとビニールテープ、その違いは何なのか?
今回はそんな気になった疑問について調べたことシェアします。

Sponsored Link

ビニールテープは絶縁テープの一種

実はビニールテープとは絶縁テープのこと。

言い換えると、ビニールテープは数ある絶縁テープの一種です。
絶縁テープ>ビニールテープって感じです。

ビニールテープの材料は塩化ビニルです。

この塩化ビニルは電気絶縁性が高いといった特徴があります。

また柔軟性にも優れていて、伸びやすく燃えにくい、といった利点もあります。

なによりもスーパーなどでも気軽に手に入りますし、カラフルなビニールテープも多く揃っていますよね。

配線によって色を変えたい時にも便利です。

ただし、ビニールテープは耐寒性には優れているものの、耐熱性はあまり期待できません。

剥がした時にべたべたする…なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?

高温になると溶けてしまうこともあるので、使用時には注意が必要です。

Sponsored Link

絶縁テープの種類

絶縁テープには、他にもアセテートテープ、ガラスクロステープ、ブチルゴムテープといったものがあります。

まずアセテートテープですが、こちらは材料が布です。

そのため手で簡単に切れるという特徴があります。

また高温にも強く、ビニールテープのように溶けてべたべたになることがありません。

続いてガラスクロステープは、その名の通りガラスが材料になっています。

ガラスと言ってもガラス繊維という素材で、耐熱性が強いことが特徴です。

最後にブチルゴムテープですが、その耐久性は群を抜いています。

ブチルゴムは粘着力が強い絶縁テープで、貼ると自然に癒着してくれます。

水にも強い素材で、アウトドアでも大活躍してくれます。

ビニールテープの絶縁テープ以外の使いみち

絶縁テープの一般的な使い方は、コードの補修や破れたり穴が空いた箇所の補修が一般的です。

家庭用の電化製品であれば手軽に手に入るビニールテープで事足りるでしょう。

ビニールテープは他にも、色々な滑り止めとしても使えます。

釣竿やラケットの持ち手に巻いておくと、安定して握ることができます。

また、直接触ると少し熱い箇所に巻いておくと断熱効果も期待できます。

他にもカラフルな色味を生かして、ちょっとしたインテリアにも使えますよ。

まとめ

一口に絶縁テープといっても、実は色々な種類があり、ビニールテープはその一種でしかありません。

とはいえビニールテープはもはや絶縁以外の使い方もできる便利なグッズでもあります。

みなさんも用途によって使い分けして、上手に絶縁テープを利用してみてくださいね。

Sponsored Link

タイトルとURLをコピーしました