鯖と食べ合わせが悪い食品は?絶対やめたい組み合わせと好相性の食材

鯖といえば焼き鯖にしめ鯖、味噌煮にしても美味しいし新鮮なら刺身でも!

色々な食べ方ができて値段も手頃という、万能食材の一つですよね。

でも焼き鯖の副菜は何にしよう?

そういえば鯖と食べ合わせの悪い食品ってあるのかな…と気になる方も多いのでは?

食べ合わせが悪くてお腹を壊してしまっては、せっかくの料理も台無しです。

今回は鯖と食べ合わせが悪い食品を徹底的に調べてみました!

Sponsored Link

そもそも食べ合わせとは?本当に悪いの?

皆さんは聞いたことがありませんか?

「鰻と梅干しは食べ合わせが悪い」とか

「天ぷらの時に氷水を飲むとお腹を壊す」といった食べ合わせに関する情報。

特に年配の方は『おばあちゃんの知恵』的な感じで、食べ合わせを気にすることが多いようです。

でも…それって本当なのでしょうか?

食べ合わせは難しい言葉で『合禁食』と呼ばれており、いわゆる伝承の一つです。

つまり、言い伝えなのです。

古くは中国から伝わったとも言われており、陰陽五行説を基としているそうです。

そのため科学的根拠がないものも多く、「え?なんで?」と言った合禁食もあることも事実なのです。

例えば、キュウリと蒟蒻は食べ合わせが悪い、とされていますが、その理由は…謎です笑。

ちなみにキュウリと蒟蒻を一緒に食べても、特に何の問題もありません。

ただし現代において、医学的に根拠が証明された悪い食べ合わせもあります。

例えば前述の天ぷらと氷水。

水と油はご存知の通り相性が悪く、混ざり合うことがありません。

そのため胃腸に大きな負担がかかり、消化に支障をきたすこともあるそうです。

果たして、鯖にもそのような食べ合わせの悪い食品があるのか⁈

今回は鯖との『根拠が証明された』食べ合わせの良し悪しについて調べてみました。

鯖と食べ合わせ悪いものは?

一般的に鯖と食べ合わせが悪いと言われているのは、リンゴです。

Sponsored Link

鯖は脂の多い魚ですから、水分の多い果物と相性が悪いというのも頷けますよね。

リンゴの他にもスイカと鯖の食べ合わせもよくないとか。

胃腸に負担がかかるため吐き気や胃痛などといった症状が出やすいそうです。

絶対やめて!鯖と食べると危険なもの

鯖と葛根湯の食べ合わせは注意が必要です。

重大な食中毒を引き起こす可能性もあるからです。

葛根湯には、そもそもアレルギーを引き起こすヒスタミンという物質を体内に溜め込む性質があります。

鯖をはじめ、マグロやカツオといった魚にはヒスタミンに変化するヒスチジンが多く含まれているので、

葛根湯と同時に摂取することでヒスタミン中毒を起こす可能性があるんだとか。

激しい嘔吐といった症状が出るようです。

特に鯖は足が速い魚でもあるので、食中毒の危険性も持っています。

鮮度が落ちたものを避けたり、加熱調理をするなどといった工夫も必要ですね。

ということで、鯖と葛根湯は一緒に食べることでお腹を壊すどころか危険です!

ぜひ覚えておいてくださいね。

鯖と好相性の食材はこれ!

鯖には心筋梗塞や動脈硬化を予防するDHAやEPAが豊富に含まれています。

健康のためにも積極的に食べたい食材ですよね。

特に鯖と玉ねぎを合わせると、血液サラサラ効果が倍増!

またビタミンEとセサミンがたっぷりと含まれたゴマと一緒に食べると、アンチエイジング効果も期待できます。

他にも、ちょっと珍しい食べ合わせとしておすすめなのがトマトとの組み合わせ。

リコピンと合わせることで、老化を防ぐ抗酸化作用もアップします!

まとめ

脂がのった鯖はそれだけでご馳走になる便利な食材ですよね。

それだけに、水分量が多い食材との食べ合わせには注意が必要です。

また、薬との組み合わせは深刻な事態を起こす可能性もあります。

ぜひ覚えておいてくださいね。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました